• LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

NEWS & TOPICS

オフシーズンと呼ばれる時期は何をしている?

JWSCの学生はオフシーズン何をしているのか?

全日本ウィンタースポーツ専門学校のオフシーズンは5月下旬~11月下旬。この時期はスキー、スノーボードの理論やチューンナップ、英語やパソコンの資格取得、トレーニングなどを行っています。

大会に向けたトレーニング、栄養やケアの方法、資格取得に向けた対策授業、ターンやスピンの仕組みや考え方の構築をするための理論や板の性能など、冬に向けた準備を行っています!

 

今回はトレーニングについて紹介します!

現在学生達は来る冬に向けて、体力トレーニングや筋力トレーニングを行っています。

スキー、スノーボード共に下半身の強化を大切にし、体幹トレーニングや全身のバランスを整える為に上半身のトレーニングも行い、怪我の予防、パフォーマンス向上を目的として行います。

スキー選手はトレーニングをしている方も多いですが、スノーボードについてはあまり多くありません。

しかし、年々トップ選手がトレーニングをしている様子がピックアップされ、必要性や効果性が着目されるようになりました。学生たちも毎日トレーニングに励んでいます!!!

シーズンインまであと少し!!

 

 

 

執筆者

教務部大橋 一麻(旧姓・小野沢)

2011年アップルスポーツカレッジを卒業後、介護の仕事をしながらトレーナーとして活動。母校の教員経験を経て2013年に当校に着任。
スノーボード専攻担当。担当科目においてはトレーニングやケアの方法、栄養など選手から指導者まで必要な知識、技術を教えている。スノーボード日本代表選手や聴覚障害の日本代表選手、SALOMONsnowboardのジュニア育成に関わるなど、トレーナーとしてスノーボードを頑張る人の応援、サポートを行っている。

月別選択

ページのトップへ