• LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

NEWS & TOPICS

2019/12/25その他

スノーボード専攻科担当小野沢先生が冬季デフリンピックから帰ってきました☆

イタリア・ヴァルッテリーナ地方で行われた4年に一度の聴覚障害者のオリンピック

デフリンピックへスノーボードフリースタイル日本代表のトレーナーとして帯同していました

スノーボード専攻科担当の小野沢先生が帰国されました!

以下、小野沢先生からのコメントとなります。

 

スノーボード専攻科担当/トレーナーの小野沢です。

先日イタリアにて行われましたデフリンピックより戻ってまいりました。

現地では選手のケア、コンディショニング維持、各選手が抱えている怪我の対応を中心にサポートし

メンタル面も含め、大会へ挑みやすい環境作りを心掛け、大会期間中を過ごしていました。

日頃より全日本ウィンタースポーツ専門学校では、トレーニングやケアなどトレーナーとしての役割が中心となり、ウィンタースポーツに常に関われる環境にいる為、初めてのデフリンピック帯同ではありましたが、今までの経験を活かすことができ、落ち着いて望むことが出来ました。

結果として最高順位は4位とメダルまであと一歩という結果に、選手、そしてコーチ、私も含め悔しさの残る結果となりました。しかし、その結果を踏まえ4年後やるべきこと、また金メダルまでの実力差もはっきりと見え、十分戦えると感じた大会でもありました。フリースタイルチームは年齢層も高く今大会で引退を考えていた選手も多くおりましたが、可能性を感じただけに4年後を目指す選手も多く、若手には負けない気持ちで次を見据えている姿に感動しました。

また、遠征では手話も生活の中で使用し、手話の楽しさと、より選手とコミュニケーションが取れることに嬉しさと、世界観が広がったように感じます。

私がここまで活動してこれた基盤は、同じNSGカレッジリーグでもある母校のアップルスポーツカレッジでの勉強に始まり、介護経験、全日本ウィンタースポーツ専門学校での教員経験、関わり全てです。感謝の気持ちを忘れず選手と共に成長し、現在関わっている学生、これから入学する高校生、アスリートに、より成長できる環境を提供できるように頑張っていきたいと思います。

応援ありがとうございました。

1本目のランを終え握手する小野沢(左)、見守る高桐通訳(中)、握手する花島選手(右)

最終種目ビックエアーを終えた後の集合写真(選手・スタッフ)

 

小野沢一麻(大橋一麻)

全日本ウィンタースポーツ専門学校 スノーボード専攻科担当/トレーナー/デフリンピック2019スノーボードフリースタイル日本代表トレーナー/冨田せな専属トレーナー/BMZアドバイザー

 

月別選択

ページのトップへ