アーカイブ

jwsc動画
JW-park

卒業生インタビュー!ロッテアライリゾート

スキー場での仕事って何をしているの?
今日はお仕事インタビューをお届け♪

横井湧さん
愛知県・JWSC高等部出身
2018年3月スキー専攻科アルペンコースを卒業
在学中はアルペンスキーの大会に参戦しながら、2017年2月にSAJ公認スキーパトロール資格を取得
現在【 株式会社 LOTTE Hotel Arai 】のマウンテンチーム/パトロールとして勤務

―スキーを始めたのはいつから?-
小学校1年生からです。兄の応援に行った時に優勝したのを見て、「僕も勝ちたい!」と思って始めました♪

―JWSCに入学したきっかけは?-
もっともっとスキーを上手くなりたい、強くなりたいと思っている時に、コーチから「JWSCに行けば必ず強くなる」と勧められて進路を決めました!

―どんなお仕事をしているの?-
1年を通してスキー場のパトロールとして働いています。グリーンシーズンはチェーンソーや刈払機を使って、スキー場コースの草木を刈払・伐採をして維持管理しています。ウィンターシーズンはパトロールとして、ゲレンデ内で危険な個所や事故がないかなどお客様の安全に滑走できるように仕事をしています。

―JWSCで学んだことで特に活かせていることは?―
技術的なことが大きいです。パトロールの仕事は、きれいに圧雪されているバーンだけではなくパウダーやコブといった非圧雪バーンも滑れないと仕事になりませんからね。
反対に、ヨーロッパのお客様が多いので英会話はもっと勉強しておけば良かったです。ジェスチャーで何とかカバーしていますけどね(笑)

―仕事のやりがいは?―
パトロール以外の仕事でも新しい仕事に挑戦しています!今年、膳棚ステーション上の「ビーフリー」というコースがFIS(国際スキー連盟)レース公認バーンとなって、今シーズンFISレースを開催する準備を進めています。私もレースに必要な物品を調べたり手配したりしていて、とてもやりがいを感じています!

~ありがとうございました! 😛 これからもお仕事頑張ってください \(^^)/~