アーカイブ

jwsc動画
JW-park

在校生インタビュー!スノーボード専攻科1年生

スノーボード専攻科1年生
吉田樹生さん(兵庫県・網干高校出身)

 

いつからスノーボードを始めましたか?
スキーは3歳から、スノーボードは中学1年生からです。
母親と祖母と一緒に行ったスキー場でスノーボードをしている人を見て「楽しそうだな~」と思って。軽い気持ちで始めました(笑)

 

入学前はどれくらい滑っていたの?
1シーズンで10日ほど。入学する前までにトータル50日くらいです。

 

では入学のきっかけを教えてください!
中学2年生の時、Burton US Openで角野友基選手がトリプルコークのルーティンを決めたのを見て、「俺もプロになりたい!」「スノーボードを仕事にしたい!」と思ったのがきっかけです!

 

 

入学する前に不安だったことはありましたか?
スロープやパイプなどの専門的な経験はなかったのでレベルが心配でした…。
でも他のみんなもバリバリ大会に出ている人ばかりじゃなかったので安心しました!

 

学校の授業はどうですか?
トレーニングは正直きつい!
でもコーチや先生方が「何のためのトレーニングなのか?」、目的を明確にしてくださるので頑張れます!
一緒に頑張る仲間の存在も大きいです!

 

では最後に、在学中に成長させたいところは?
「エアの高さ」「メンタル」「基礎体力」、沢山あります。
でもレベルに合わせ段階的に指導してくださるので、まずはシーズンに入りオフの間でどれだけ上達しているか、そしてこれからどれだけ上達できるか、本当に楽しみです!