アーカイブ

jwsc動画
JW-park

卒業生インタビュー!ロッテアライリゾート

スキー場での仕事って何をしているの?
今日はお仕事インタビューをお届け♪

横井湧さん
愛知県・JWSC高等部出身
2018年3月スキー専攻科アルペンコースを卒業
在学中はアルペンスキーの大会に参戦しながら、2017年2月にSAJ公認スキーパトロール資格を取得
現在【 株式会社 LOTTE Hotel Arai 】のマウンテンチーム/パトロールとして勤務

―スキーを始めたのはいつから?-
小学校1年生からです。兄の応援に行った時に優勝したのを見て、「僕も勝ちたい!」と思って始めました♪

―JWSCに入学したきっかけは?-
もっともっとスキーを上手くなりたい、強くなりたいと思っている時に、コーチから「JWSCに行けば必ず強くなる」と勧められて進路を決めました!

―どんなお仕事をしているの?-
1年を通してスキー場のパトロールとして働いています。グリーンシーズンはチェーンソーや刈払機を使って、スキー場コースの草木を刈払・伐採をして維持管理しています。ウィンターシーズンはパトロールとして、ゲレンデ内で危険な個所や事故がないかなどお客様の安全に滑走できるように仕事をしています。

―JWSCで学んだことで特に活かせていることは?―
技術的なことが大きいです。パトロールの仕事は、きれいに圧雪されているバーンだけではなくパウダーやコブといった非圧雪バーンも滑れないと仕事になりませんからね。
反対に、ヨーロッパのお客様が多いので英会話はもっと勉強しておけば良かったです。ジェスチャーで何とかカバーしていますけどね(笑)

―仕事のやりがいは?―
パトロール以外の仕事でも新しい仕事に挑戦しています!今年、膳棚ステーション上の「ビーフリー」というコースがFIS(国際スキー連盟)レース公認バーンとなって、今シーズンFISレースを開催する準備を進めています。私もレースに必要な物品を調べたり手配したりしていて、とてもやりがいを感じています!

~ありがとうございました! 😛 これからもお仕事頑張ってください \(^^)/~

卒業生ムービー情報

夢を夢で終わらせない為の答えは一つ、夢が叶うまで続けること

藤沼到プロ(head)40歳記念ムービー完成!!!

 

プロスノーボーダー、スケート、MC…多方面で活躍するJWSC卒業生の藤沼到プロ。

実は4年前の大怪我をし、壮絶なリハビリを経て、見事復活!おめでとうございます!
その記念となるムービーをJW-PARKで撮影。
嬉しそうに、楽しそうにスケートをして私たちに元気な姿を見せてくれました。
予定を遥かに超えて撮影していましたよ~(笑)
納得いくまで何度も何度も挑戦している姿が印象的で、同時にムービーに対する熱い思いも伝わってきました。
そして、フィルマーは、高等部卒業生の鈴木翔平君。
在校時は、コーチと生徒という関係。卒業後もこうしていられる関係は、JWSCの強味であり嬉しく喜ばしいことです。
改めてJWSCの“つながり”を感じられた日となりました。

今後ますますの活躍を応援しています!!

 

インタビュー記事とあわせてぜひムービーをチェックしてくださいね!必見の価値あり!

インタビュー&ムービーはこちら

卒業生インタビュー!スノーボードインストラクター

スノーボードインストラクターって
何をしているの?
今日はお仕事インタビューをお届け♪

月岡雛乃さん
長野県・飯山高校出身

2017年3月にJWSC卒業
2018年3月SAJ第15回全日本スノーボード技術選手権大会フリースタイル女子優勝
2019年3月SAJ第16回全日本スノーボード技術選手権大会フリースタイル女子優勝
【スポンサー】
OGASAKA、DEELUXE、FLUX、Westbeach、HESTRA、SMITH、スノサウルス、applerind

―スノーボードを始めたのはいつから?-
実は、高校3年の冬休みからなんですよ(笑)漠然と「スノーボード業界で働きたい」と考えていた時JWSCを知って受験したんです。そして合格してから必死に練習しました!

―どれくらい練習したの?-
高校3年生って冬休み以降ほとんど学校に行かなくていいじゃないですか♪なのでほぼ毎日スキー場まで祖父に乗せていってもらって、朝からナイターまでお昼も食べず滑っていました(笑)

―現在はどんな仕事・活動をしているの?-
グリーンシーズンは、週末にサマーゲレンデでキャンプをして、平日は家のお手伝いで農業をしています。
シーズンになると、妙高山スノーボードスクールでインストラクター、メーカーライダーとして商品開発や撮影、そして大会に参戦しています♪

―大会に向けてのトレーニングはどうしているの?-
シーズン中は、日中のレッスンの仕事が終わってから、ナイターで滑り込んでいます!

―仕事や活動のやりがいは?―
レッスンの機会でお客様と直接触れ合えることが1番のやりがいです!プライベートレッスンのお客様も増えてきています♪大会にまで応援に来ていただいたり、私の使っているマテリアルを身に着けていただいたり、ホントお客様に支えられてるな~と感じています♪

―JWSCで学んだことで特に活かせていることは?―
技術的なことはもちろんですが、普段の学校生活の中で学んだ「脱いだ靴を揃える」とか「職員室の入退室」とかメチャクチャ役に立っています!でも学生の時は「どうでもいい」と思ってましたけどね(笑)

―最後に後輩へアドバイスを!―
スノーボードに集中できる環境があるのがJWSC!
プロの方から直接教えてもらったり、プロの方の滑りを間近で見ることができる環境は他にはないと思います!
2年間思いっきりスノーボードに集中すれば、絶対に上手くなります!

~ありがとうございました 🙂
今シーズンもベストな滑りを期待しています!~

 

卒業生インタビュー!プロスノーボーダー

プロスノーボーダーって何をしているの?
今日はお仕事インタビューをお届け♪

滝沢光プロ
新潟県・小出高校出身
2011年3月、21歳の時にJWSC卒業・同時にプロ昇格
以後、一昨年までプロ戦出場
【スポンサー】
SCOOTER Snowboard、ESTIVO、DICE、Shot’z、株式会社クレブ、GALLIUM WAX、G-FORM、JWSC

―現在どのような仕事・活動をしているの?-
JWSCやオールアルビレックスのコーチ、メーカーライダー、新潟県スキー連盟のスノーボード競技強化部長として活動しています。

ーメーカーライダーって何をしているの?ー
製品開発のためのテストや試乗会での販売促進、プロモーション用のライディング撮影などです。

―仕事や活動のやりがいは?―
自分と同じ夢や目標を持った後輩たちを応援できることです。
負けないようにライディングレベルを成長し続けて、一緒に成長していきたいと思ってます!

―JWSCで学んだことで特に活かせていることは?―
トレーニングを通じての身体づくりや栄養管理、身体の使い方です。それと海外研修をきっかけに広く目を向けることができました。
ただ海外で活動できるよう、英会話はもっと頑張れば良かったかな…笑。

ー最後に後輩へアドバイスを!ー
スノーボードを「遊び」ではなく「競技」として向き合うことができるのがJWSC!
それぞれのレベルに合わせ段階的に成長していけます。この「段階的に成長していく」ことはボードだけに限らず、仕事をする上においても活かせていけると思います。
課題や問題は出てきますが、一つ一つを仲間やコーチと一緒に解決し、成長していきましょう!

卒業生インタビュー情報

スキー・スノーボードの最新情報・役立つ情報がギュギュっとつまったメディア「Grab」

こちらに卒業生の広野あさみさん、星野文香さん、のインタビューが掲載されています!

 

オリンピック選手、プロスノーボーダーになるまでの道のりや、日頃の活動など、スノーボードを仕事にしたい!と考えている入学前の方には、とっても参考になりますよ。

華やかに見える世界と今の姿も、地道な努力があってこそ!

ぜひチェックしてくださいね 🙂

 

★広野あさみさんインタビュー https://grab-media.jp/article/31053

★星野文香さんインタビュー https://grab-media.jp/article/30320

 

祝!藤森由香選手 平昌オリンピック日本代表内定!

卒業生の藤森由香選手(チームアルビレックス新潟、BURTON】が2018年2月9日から行われる

平昌オリンピックの日本代表選手内定となりました!

おめでとうございます^^

藤森選手はスノーボードクロスで3大会オリンピックに出場し、種目をスロープスタイル・ビックエアーに転向し、自身では4大会目のオリンピックとなります!12月上旬にアメリカのカッパーマウンテンで行われたビックエアーでは予選1位通過と着々と調整をしてきている藤森選手!

皆さんで応援しましょう!!

藤森由香選手は3日目の2月11日 13:30~女子スロープスタイル予選

11日目の2月19日 9:30~ ビックエアー予選に出場致します!

藤森由香-fujimori yuka- (チームアルビレックス新潟、BURTON)

 

また、同じくして卒業生の広野あさみ選手(OGASAKA)もオリンピック内定ラインにいるのです!

1月に行われる大会でもまだチャンスがあります!現時点でも出れる可能性が大いにあります!

広野選手もパワフルな滑りとダイナミックなB720がかっこいい!広野あさみ選手、藤森由香選手を

皆で応援しましょう♪

広野あさみ-hirono asami-(OGASAKA)

 

頑張れ日本!頑張れ卒業生☆

コロラド(海外)遠征10日目は開志国際高校との合同練習!

■現地時間 12月8日(金) コロラド10日目

今日は修学旅行に来ている開志国際高校の学生3人と合同トレーニングを行いました!

開志国際高校はNSGグループの繋がりがあり、今回現地で合流し、スキー場の案内をしながら一緒にトレーニングをしました!

9:00に合流し、朝10:00~14:30頃まで休憩を挟みながら現在空いているコースをできるだけ滑り、明日開志国際高校の学生が練習する際にスムーズにトレーニングが行えるようコース全体を使ってトレーニングをしました!

開志国際高校の学生たち

英語でリフト券交換をフォローする小澤くん(スノーボード専攻科2年生)

皆にコースを紹介する様子

開志国際2年 原田さん(今シーズンテクニカル選手権出場予定)

nice カービング!

中村航大くんの地形を使ったアンダーフリップ!

初めて滑るブリッケンリッジは大変だったかと思いますが

コースを知れたのではないでしょうか?明日の練習に向けて頑張ってほしいですね☆

 

帰ってきた後の専門生は

トレーニング、買い出しを行い一日終了となりました!

 

 

今日の夕ご飯『パン、ハンバーグ、白菜ときのこのクリームスープ』

ハンバーグは一人200g!(牛100%)

おいしかったです!

 

明日は休養日のため、滑りに行く学生もいれば、リフレッシュする学生もいます!

個人的ではありますが、カッパーマウンテンで行われているワールドカップのハーフパイプで開志国際の富田せな(YONEX)が昨日の予選を全体の4位で明日の決勝に出場いたします!

富田せな選手は開志国際高校の学生だけでなく、学校のある妙高市出身の選手でもあります!応援してきたいと思います!

F900を打たずしてこの順位。実質のオリンピックと変わらないメンバーとの闘い!

女王K.クラーク、以前100点を叩き出したK.クロエとの対決が見物です!

ハーフパイプ女子、日本人で残ったのは富田せなさんだけです!

皆さんで応援しましょう!!

 

そして!!!!!

本日行われたワールドカップ、ビックエアーでは

卒業生でもある「藤森由香」選手がヒート1の1位で決勝へ!!

ヒート2の1位も日本の岩淵麗良選手!

男子は大久保ゆうり選手が1位通過!!

明後日のビックエアーも目が離せません!!

 

ぜひ皆さんで応援しましょう!!!!!!!!!

スキーやボードのお仕事、夏は…?

今日の就職実務の授業は外部の企業の方に来ていただき、お話をしてもらいました。

 

㈱穂海、㈲穂海農耕 取締役 日々昇 様(左)

㈲穂海農耕 神尾義明 様(右)

おとなり上越市板倉区で12品目ものお米を栽培している会社です。

大手牛丼チェーンや寿司チェーンなどへ販売をされています。

 

実は写真右の神尾様はJWSCの卒業生!1期生で元プロスノーボーダーです★

今も冬はインストラクターをされているそうです。

 

新潟ならではの「ウィンタースポーツ×お米」をお仕事にされている神尾様の

貴重なお話を聞くことができました!

本日はありがとうございました。

OGからの嬉しいご報告!

 

大会週間のJWSC
速報は在校生にとどまらず♫

JWSCの7期卒業生であり、
PSA ASIA スノーボード協会公認プロスノーボーダー
内山ミエさんからも嬉しい報告が届きました!

 

学生達の参加した大会と並行して
福島県南郷スキー場で開催されていたプロ戦
「PSA halfpipe in Nango 40th Anniversary」
にて、第3位という素晴らしい結果を残されました!
内山さん、おめでとうございます!!

 

▼表彰台の内山さん

 

大会は約3年ぶりという事でしたが、
決勝・予選を通しブランクを感じさせないような
圧倒的な高さと抜群の安定感
見事表彰台をつかみ取りました!

▼内山さんの公式動画チャンネルで、大会の公開練習の様子が見れます

 

こうした卒業生の皆さんの活躍を聞くのは、
本当に嬉しいことです!
また多方面でご活躍されている内山さんの活動は、
まだ道を切り開いていく途中の
女子スノーボーダーたちにとって頼もしく、
これからの自分の活動を描くための
ひとつの道しるべにもなるでしょう

 

内山さん、このたびは本当におめでとうございます!
これからの活躍にも期待しています♫

 

▼気になる内山ミエプロの活動内容や
プロスノーボーダーになるまでのルーツは
JWSC TV「インタビュー動画」で
詳しくお話しいただいています!
是非ご覧ください✨

☆★就職内定いただきました!!!★☆

スノーボード・スキーの専門学校 
全日本ウィンタースポーツ専門学校

オンシーズンも間近に迫ったこの時期に
とても嬉しいニュースが届きましたemojiemotion05

スキー専攻科3年生 アルペンコースの
井上藍菜さんが地元企業でもある『新井信用金庫』様より
内定をいただきましたemojiemotion01emojiemotion01emojiemotion01
藍菜さん、本当におめでとう!!!
20151102-1453913351446451451.JPG

ここで、ご本人にインタビュー♪

Q.企業・職種の志望動機は?

A.生まれも育ちも妙高で、スキーをずっとやってきて
  いつかお世話になった地元に恩返しがしたいと思っていました。
  そこで地域密着で、地元に根付いていらっしゃる信金さんで、
  全く経験した事がないからこそ、しっかりと一から学び
  やりがいを感じる事ができると思って志望しました。
  自分の性格も几帳面で真面目だと思っているので
  向いているなぁと思った事も決め手の一つでした。

Q.就職活動で苦労した事は?
  またそれをどうやって乗り越えた?

A.苦労した事は、企業研究から始まり、求人情報の見方
  履歴書の書き方、応募方法、面接に至るまで
  全てが初めての経験でとまどいも沢山ありましたが
  担任の先生が、一つ一つ親身に相談にのってくださり
  履歴書の添削や面接練習なども対応してくれた
  お陰で、数社様から内定を頂く事ができました。

Q.今後の目標は?

A.就職活動も落ち着いたので、来るオンシーズンに向けて
  まずはトレーニングを徹底的にやりたいと思っています。
  集大成になるので、悔いの残らないようにしっかりと
  スキーに集中して目標達成(国体入賞)します!!!

Q.最後に今後入学される又は検討されている方へメッセージを

A.今回の活動を通して、採用されている企業側の方も
  スポーツに一生懸命取り組んで、且つ結果を残した
  プロセスも含めて私自身を評価して頂いたと思います。
  ここJWSCそして妙高は、自然豊かでスキー・スノーボードに
  取り組むのに最高の環境だったからこそ、私も集中して
  過ごす事が出来ました。ウィンタースポーツ業界への
  就職は勿論のこと、その他の業種への就職もできる
  環境がここにはあります。ぜひ皆さんも後悔のない
  進路選択をして下さい!!

藍菜さんは、高等部3年、専門部3年の合計6年間
在学されました。色々な苦労があった中でも結果を残した
彼女の言葉には重みや説得力を感じました。

これからも地元妙高をぜひ盛り上げて下さい!!
本当におめでとうございましたemojiemotion01emojiemotion01

【JWSCってどんな学校?】
★JWSCホームページ★

【JWSCの学校パンフレットを見てみたい・・・そんな貴方は!!!】
★資料お申込みはコチラ★

【学校説明会・オープンキャンパスへ参加して、もっとJWSCを知りたい・・・そんな貴方は!!!】
★学校説明会お申込みはコチラ★

≪YoutubeでJWSCの楽しいキャンパスライフを動画で配信中〜♪≫
チャンネル登録をすると、最新の動画がすぐにチェックできます!!!チャンネル登録、大歓迎です♪
☆JWSCTVはコチラ☆

≪FacebookでもJWSCの学校の様子をお伝えしています!!!≫
たくさんの『いいね!』やシェア、大歓迎です♪更新をお楽しみにー!!!
☆全日本ウィンタースポーツ専門学校 Facebookページはコチラ☆
emojiemotion03