• JWSCの特徴
  • 学科紹介
  • 講師紹介
  • 大会実績
  • 就職実績・卒業生の活躍
  • 入学案内
  • スノーボード専攻科
  • スキー専攻科
  • プロフェッショナル養成科
資料請求
オープンキャンパス 学校説明会
OB・OG

業界で輝くセンパイ達

JWSCで滑走技術と専門知識を身につけ、巣立っていった卒業生達。

その中でも現在スキー・スノーボード業界で輝いているセンパイ達を紹介!

業界最前線で活躍しています。

SAJナショナルチームメンバー

藤森 由香


[スポンサー]

SP-DESIGN、OXESS、NIKE、OAKLEY、ヨコハマタイヤ、NOMIS、GALLIUM WAX、UNION、DEELUXE、スノーボードショップシーハイル、JWSC、チームアルビレックス新潟


平成20年卒業/長野県・東海大学付属第三高校出身


JWSCで学んだことが今の自分の支え

─現在の活動内容を教えてください。

現在は主にスノーボードクロス競技でワールドカップやX-GAMEといった国際大会に出場し、オリンピックに焦点をあてて活動を続けています。その他にも写真や動画を撮るなど、メディアでの活動も行っています。


─JWSCで得たものは何ですか?

JWSCでは様々な「人とのつながり」を得ることができました。そのつながりのおかげで、雑誌などメディアへの露出が増え、スポンサー獲得への近道にもなったと思います。また、JWSCの授業では1つの種目だけではなく様々な種目の練習を行うので、多方面でスノーボードの技術を向上させることができました。そういった全ての経験が、今の自分の競技力を支えてくれています。


─プロスノーボーダーを目指す人へメッセージをお願いします。

プロスノーボーダーの活動は、世界各地で様々な経験を積めるだけでなく、常に自分のスキルを磨くチャンスがあるのでとても刺激的です。もちろん、楽しい事だけではなく、大変な事や辛い事も沢山ありますが、そういう壁を乗り越えてこそ、プロとしても人間としてもひとまわり大きくなれると思います。皆さんも人との出会いを大切に、これからの未来に繋げていってください。

プロスノーボーダー

藤田 一茂


[スポンサー]

HEAD、BILLABONG、UNION、ELECTRIC、WAKELIP’S、神戸KINGS、ICE TUNE FACTORY


平成20年卒業/京都府・宮津高校出身


“スノーボード”を仕事にできる喜び。

─現在の活動内容を教えてください。

プロスノーボーダーとして、国内外の大会に参戦し常に技術力の向上に力を入れています。さらに、雑誌や広告といったメディアへの露出、DVDやウェブでの動画配信、イベントの主催などの活動を通して、自分という存在がしっかりと世の中に出るように、スポンサーにもしっかりと貢献できるように日々活動をしています。


─JWSCで得たものは何ですか?

JWSCで身に付けた知識や技術はもちろんですが、僕の場合は「人とのつながり」が最も大きいですね。当時のコーチや仲間たちが皆「スノーボード」を通して繋がっていて、プライベートでも仕事でも付き合えるような関係を築けています。こういった関係は普通ではなかなか得られないと思うので、とても貴重だと思います。


─プロスノーボーダーを目指す人へメッセージをお願いします。

好きなことを仕事にできるということは、本当に幸せだと思います。やりたくないことをやらなくてもいいというわけではありませんが、やりたいことをとことん追求し、それが仕事になっていくことがこの仕事の1番の魅力です。皆さんも好きなことをとことん追求すれば、次第に自分の「色」が出てくると思うので、周囲の目を気にせずに自分の道を歩んでください。

小林 創也

スノーボードインストラクター

小林 創也

妙高山スノーボードスクール

平成21年卒業/山梨県・北杜高校出身


スノーボードの楽しさを伝えたい

─現在の活動内容を教えてください。

インストラクターとしてお客様一人一人にあったレッスンの内容を考え、楽しく滑れるようにサポートしています。お客様が自分のレッスンの中で新しい発見をして上達していく姿を見られるのが、この仕事の醍醐味だと思いますね。


─同じ職業を目指している人へメッセージをお願いします。

JWSCでは様々な種目を体験できたことで滑走技術がとても向上しました。しかし、インストラクターだけを目指しているとどうしてもスノーボードの世界が狭くなってしまうので、資格の取得は通過点と考えた方が良いと思います。何にせよ自分が楽しんでいなければ人に楽しさを教えることはできないので、ぜひ「スノーボードを楽しむ」ということを大切にしてください。

武田 力

スキーインストラクター

武田 力

ガーラ湯沢スキー場

平成16年卒業/北海道・北照高校出身


滑走技術だけでなく教える技術も

─現在の活動内容を教えてください。

今は上級者のレッスンを担当していますが、その傍らで技術選手権大会にも参戦しながら、日々技術力の向上にも努めています。大会に出場する際には、卒業した今でも当時の先生に応援して頂いているのでとても心強いですね。


─この仕事の魅力は?

インストラクターという職業は、教えた方々の上達が見られるだけなく、様々な年齢の人と話す機会が多く毎日刺激が得られるところが魅力です。とことん滑り込むことのできるJWSCの環境に身を置けば、滑走技術を磨くことは容易いと思いますが、それと同時に「教える」技術も身に付けられるよう取り組んでみてください。

濱 貴之

メーカースタッフ

濱 貴之

㈱カーメイト

平成13年卒業/埼玉県出身・中央大学卒業


全国各地に広がるJWSCのネットワーク

─現在の活動内容を教えてください。

現在は営業職として、商品の企画立案や営業店舗のフォロー、さらには展示会・試乗会の開催や商談なども担当しています。「最高のバインディングを作り続ける」という目標を持ち日々仕事をしていますが、皆さんもメーカーに入って何がしたいかという目的意識を持ち日々行動できると良いと思います。


─JWSCで得たものは何ですか?

この仕事をしていくうえで、JWSCで得た「人とのつながり」がとても役立っていますね。共に学んだ仲間が、全国各地そして多方面でスノーボードに関わって働いているため、随時情報交換をすることができます。JWSCのネットワークのおかげで、今はとても仕事がしやすい環境です。

是澤 明典

スキー場営業・企画

是澤 明典

志賀高原プリンスホテル 志賀高原焼額山スキー場

平成19年卒業/兵庫県・伊川谷高校出身


お客様から信頼されるために

─現在の活動内容を教えてください。

スキー場の営業企画担当として、イベントの企画や運営、ブログの更新といったスキー場のPRを担当しています。お客様の笑顔や喜ぶ姿を間近で見られることがこの仕事の魅力ですね。今後は業界のブームを巻き起こせるようなスキー場を目指していきます。


─JWSCで得たものは何ですか?

お客様と接する機会が非常に多い職業ですが、初心者から上級者までの幅広い層のお客様と接するうえで、JWSCで学んだスキー・スノーボード、雪山に関する知識がとても役立っています。そういった知識があるとお客様からも信頼され、喜んでもらえるので、そういったことが仕事のやりがいにもつながっています。

武田 力

スキーインストラクター

益田 幸依

キロロリゾート

平成21年卒業/北海道・札幌北斗高校出身


インターンシップ経験が就職へ直結

─現在の活動内容を教えてください。

インストラクターとしてキッズ向けのレッスンを担当しています。指導はもちろん、レッスンで使うポールやアトリエのセッティング、非常勤インストラクターとのミーティングなども行います。


─この仕事の魅力は?

在学中にインターンシップ先として今の職場を紹介してもらったことがキッカケでした。実際にスキー場の仕事を体験できたことで、働くイメージを描くことができました。インターンシップ終了時に「一緒に働かないか」とお声掛けいただいて、とても嬉しかったです。望んでいた環境であったことはもちろん、業界最前線で活躍するスタッフの方々と一緒に働きたいと決心して就職を決めました。

野毛 晴之介

ショップスタッフ

野毛 晴之介

アメアスポーツジャパン株式会社

平成15年卒業/静岡県・加藤学園高校出身


全国各地に広がるJWSCのネットワーク

─現在の活動内容を教えてください。

軽井沢アウトレットモール内にあるSALOMON Wilsonアウトレットショップのマネージャーとして、「SALOMON」のウィンター・アウトドアアイテムと、「Wilson」のテニスアイテムの接客販売、商品・スタッフ管理を担当しています。


─JWSCで得たものは何ですか?

在学中に得た専門知識や技術、経験を活かして、お客様に最適なスキーを選んだり、勧めたりすることができるのでとても助かっています。専門的な話ができると、お客様に信頼してもらえることが多いんですよ。


─同じ職業を目指している人へメッセージをお願いします。

大好きなことを全力で楽しんでいれば、きっとどこかで誰が見てくれています。それが必ず次へつながる1歩になると思いますので、JWSCで全力で学び全力で楽しんでください!

速報!2013年3月卒業生


プロスノーボーダーショップスタッフ

麻井 保孝


株式会社太陽スポーツ

平成24年卒業/石川工業高等専修学校出身


ウィンター業界と地元に貢献したい

─就職までの道のりを教えてください。

地元の富山県でスノーボードに携わる仕事がしたいと思い、プロ資格と就職の両立を決意し、地元にあるスポーツショップを第一志望として就職活動を行うことにしました。授業では敬語の使い方をはじめ、履歴書の書き方やビジネスマナーをいちから学び、面接前には模擬面接もしてもらうなどして、無事第一志望に合格することができました。


─入社後の目標は何ですか?

スノーボードツアーの企画や用品販売を通して、よりたくさんの方にスノーボードの楽しさを広げることが目標です。また、かねてからプロ資格を取得し、お客様に安心してもらえるようなスタッフになりたいと思っていました。念願叶って正直ホッとしていますが、今後は地元富山県とスノーボード業界に貢献していくためにもさらなる努力を続けていきたいと思います。